食材の歴史を学ぶ

料理体験は新しい世界の扉

日本は美食の国と言われます。
旨味を感じやすい日本人は、古来より食べることに様々な工夫を凝らしてきました。
寒い地域なら暖をとれるもの、また暑い地域なら体の熱をとってくれるものを食べて身体を整えてきました。
その地域によってこうした身体を整えるのに最適な食材はそれぞれ違い、その食材に合わせて調理法も異なります。
そして文化として長い歴史を受け継いできました。
地元に暮らしている、また成長して別の地域に移動したけれど、地元を懐かしむといったとき、一番心を動かすのは地元食材ではないでしょうか。
せっかくなら美味しく、そして懐かしいあの味を食べたい。
そんなときにオススメなのが地元食材を活用した料理体験です。
いまは個々の街が、それぞれ独自の街づくりや地域活性を図っており、そんな地元の飲食店、またホテルやレジャー施設などで、地元食材を活用した体験教室が開かれている機会も多く存在しているのです。
こうした料理体験を活用して、懐かしの味を思い出すだけではありません。
料理体験では新たな試行錯誤、また相性の良い食材や調味料などを教えてくれます。
料理は進化するもの。
昔の作り方とは少し違う工程に感じられるものも、味を見てくれば不思議なことに懐かしい味になっているなんてことも起こりうるのです。
また今まで試したことのない味付けで地元食材の魅力に触れられるのも料理体験ならではです。
懐かしさだけでなく、新たな発見を感じられる料理体験で地元の魅力を再確認してみるというのはいかがでしょう。

食材には無限の魅力がある

いままで独学で料理を勉強していたという方、料理に興味があるけれどチャレンジしていないという方、ぜひ参加してみていただきたいのが料理体験です。昔から作り方を知っている料理でも、体験してみると新たな発見を感じることでしょう。料理は進化するものです。体験によってその進化を感じることができます。

地元食材には魅力がたくさん

地元の食材は、懐かしい味。地元を離れ数年経過したという方も、また小さなころから地元に暮らしてきたという方も、一度口にすれば懐かしい思い出がよみがえってきます。常に食べていた時には意識していなかった食材も、久しぶりに食べてみるとまた違った感想を持つものです。そんな地元食材の魅力を再確認してみましょう。

地元の歴史の一助となるもの

食材には味や思い出だけではなく、その地域の歴史を担ってきたという肩書があることも珍しくありません。特殊な地域なら、食材をあえて取り入れ、それを地元の名産にした歴史を持つことでしょう。また食材の宝庫の様な地域でも、宝庫となるために、先人たちがたゆまぬ努力を重ねた歴史があるものです。

トップへもどる