食材の歴史を学ぶ

>

地元の歴史の一助となるもの

食材を取り巻く環境を知る

地元食材には歴史があります。
そこに根差したというのには理由が存在します。
例えば長芋は、柔らかい土壌だからこそ長く太く栄養豊富に育つ野菜です。
硬い土壌では長芋が伸びる環境がなく、小さくなってしまいます。
長芋が名産の地域はいくつかあります。
こうした地域ではもともとの土壌がやわらかく、他の野菜を上手く育てられない、他の地域に劣ってしまうという苦労があったとしましょう。
その土地は長芋が育ちやすい環境にあることが判明しました。
かつては野菜が育ちづらい環境だと苦しんでいた地元の生産者にとっては長芋との出会いが再起となります。
新たな地元の食材として作ることは、街づくりを進めることにもつながります。
こうした歴史があるなど、地元の食材にはそこに誕生する理由があり、その理由は街を作る歴史となっている場合があるのです。

愛情は歴史を知るからこそ芽生えるもの

料理体験では地元食材の料理法と合わせ、食材の歴史を紹介してくれる場合があります。
味付けに関しても、この味付けになった背景などが紹介されているのを見かけます。
こうして地元に根差した食材の歴史を知ると、よりその食材に対する愛情は芽生えるものです。
そしてその食材への愛情は、総じて地元への愛情につながることがあります。
今まで気づかなかったことに気づくことがあります。
自分が成長して味の良さを改めて感じることもあるでしょう。
そうした気付きも、自分で調理するだけでは気付かない場合もあります。
料理体験だからこそ気づくことです。
愛情を感じたことで、より歴史を知ってみたくなるかもしれません。
食材との再開を通して、地元の良さを改めて感じ、食材の可能性を開くことができます。


この記事をシェアする

トップへもどる